よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

この度は数珠専門店をご訪問頂き、誠にありがとうございます。
こちらのページでは、お客様の数珠に対するよくある質問にお答えいたします。
数珠についてご不明の点がございましたらご一読下さい。
また、こちらのページに載っていないご質問がございましたらお答えいたしますので、
webmaster@kohgen.comまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

数珠とは

Q.そもそも念珠って・・・?

A.念珠とは手を合わせて念ずる魔除け厄除けのお守りでもあります。お葬式の道具だけではありません。

Q.数珠とは・・・?

A.もともと数珠は珠を数える道具でした、そのまま現代まで数珠の名称が残っています。
数珠とも呼ばれております。

Q.慶弔念珠ってありますか?

A.特に色分けはないのですが、結婚式(仏前結婚)には念珠の交換がありますので、
やはり若い方用が良いと思います。

Q.房の色で使い分けがあるのか?

A.東海地方、北陸地方は葬儀には白房で珠も色の付かない念珠(水晶、白珊瑚)、法事等の仏事には色房(珠も色物)と使い分けられている場合もございます。この行事にはこの色、といった決まりはございませんが、お住まいの地域やご親戚に合わせれば無難でしょう。

Q.念珠の略式は珠数が決まっていますか?

A.正式は108個と決まっていますが、略式は寸法で作られていますので特に決まっておりません。

Q.結婚の時には念珠は必要ですか?

A.嫁ぎ先の宗派の正式念珠を持って行かれるのが理想ですが、日蓮宗以外は略式でも問題はありません。
嫁ぎ先でご先祖にご挨拶をされるとき必ず必要です。

Q.数珠はいつ買っても良いのですか?

A.はい、いつでも結構です。数珠はお守りの意味もありますので普段に買って頂いても結構です。

Q.男女の共用数珠ってありますか?

A.ございません、男性用数珠と女性用数珠は珠の大きさ、仕立の色等が違いますので共用数珠はございません。略式数珠の場合、男性は珠の直径が10ミリ以上、女性は基本的には8ミリ以下で作られています。正式数珠も男性用と女性用に区別されています。

Q.年齢は関係ありますか?

A.女性用数珠はございます。20才~30代、40代~50代、それ以上の方とおおよそですが色分けが出来ています。但し最近は灰桜と言う中間色があり、20代から殆ど一生使える色もございます。個性で若い方でも地味な色合いの数珠を持たれる方もお見えですがそれは問題ございません。尚、白い房には年齢が無く各年齢の方に合いますのでお勧め致します。

Q.数珠は自分で買うもんじゃないと聞いたことがあるので今まで買いませんでしたが、本当でしょうか。

A.お地方の一部で数珠は人に頂くものって言う風習の所もありますが、まずはそのような決まりはありません。

Q.正式数珠とは

A.各宗派によって正式の形は違います。特に日蓮宗は拘りがあり108個使用の房が5本の数珠を使用され、略式は基本的には使えません。他の宗派は略式でも使用できますが、ご心配でしたら一度お世話になっているお寺に相談してみるといいでしょう。

Q.日蓮宗は専用の数珠が良いとの事ですが、実家が日蓮宗の場合でもそうした方が良いのでしょうか?

A.まず日蓮宗は専用が良いでしょう、但し嫁がれた場合は嫁ぎ先の宗派になります。
嫁ぎ先が日蓮宗でない場合は日蓮宗の数珠は使いません。
実家に帰って使う場合でも嫁ぎ先の宗派の数珠で結構です。
また日蓮宗の方でも他の宗派の方でも自宅の宗派の数珠でどの宗派のお葬式等でも使って頂きます。
相手の宗派に合わせる必要はないです。

Q.腕輪数珠はお葬式に使えますか?

A.やはりお葬式は数珠が必要です。腕輪はあくまでもお守りですから。

Q.数珠は人にあげてもいいですか?

A.結構です。結婚のお祝い、成人のお祝い、形見として等々結構です。

Q.宗派によって数珠の房の色が決まっているのか?

A.数珠の房の色で宗派別はありません、あくまでもお好みです、
但しお寺様は宗派によって位がありますので、決まっている場合があります。

Q.数珠の房の形によって意味があるのか?

A.丸い梵天房、頭房、紐房等がありますが特に意味はありませんお好みです、最近は頭房が全国的に主流になっています。

Q.安い数珠でも御利益はあるのでしょうか?

A.特に意味のある玉とは基本的には違うでしょうが数珠の持つ意味はすべて同じですから、
数珠の価格で差のつくことはまず無いと思います。
ただ高級数珠は大切に扱われる気持ちの部分はあると思います。

Q.神道(祈祷)での使用は見かけませんが、数珠は使わないのでしょうか?

A.神道では数珠は使いません。神道でも近所のお付き合いの為に数珠を持参の方は沢山お見えです。

数珠の選び方について

Q.水晶とガラスの見分け方は?

A.なかなか難しいと思います。一般に水晶は冷たい、曇らないと言われますが間違いです。ガラスと同じ現象が水晶でもおこります。大きな違いは透明度だけです。
ガラスと水晶の違いは見分け方としては親玉を見ると分かりやすいです。
水晶はまっすぐ穴が通っているのに、ガラスは通っていません。
また穴をじっくり見るとガラスには細かいキズが見られます。
気泡が入っていた場合、ガラスorプラスチックです。

Q.真珠とハリ真珠の見分け方は?

A.ガラスの表面を着色して、真珠に見立てたものを言います。
見分け方としては、非常に色合いや艶など真珠に似ていて見分けが難しいですが、色のムラがなさすぎる(キレイすぎる)点と本物より重いということがあります。
穴口がはがれている場合、ハリ真珠です。

色のムラについては本物の真珠は多少の色のムラがあったり、表面に少し傷が見られたりします。これは天然である証拠になります。

Q.レンズ入り数珠は高級品か?

A.数珠の親玉に仏様のレンズが入った商品がありますが、これは観光地のおみやげとして売られているもので、高級品にはレンズを入れないのが原則です。但し一部のお寺の売店で高級品にもレンズを入れる場合もあります。

Q.男性ですが手が華奢ですので女性用数珠を使用しても良いのでしょうか?

A.別に問題はないでしょうが、出来る事でしたら男性用でも玉の小さい数珠も男性用として制作出来ますので男性用数珠をお勧め致します。

Q.数珠は作った後に御祈祷してくれているの?

A.御祈祷などは行っておりません。京都の職人が作ったものを、お客様の手元にお届けさせて頂いております。
気になるようでしたら、お世話になっているお寺様に一度ご相談されてはいかがでしょうか。

数珠の使い方について

Q.腕輪タイプのものを2、3本つけているのですが特に問題はないのでしょうか?

A.別に問題はないです、腕輪でも数珠でも携帯されるのはとても良いことだと思います。
魔除け、厄除けになります。

Q.一重の数珠と、二重の数珠をもっていますが、使いわけがよくわかりません。おしえてください。

A.一重が略式各宗派用数珠で、二重が、正式の数珠です。
(宗派により正式の場合は房の組み方が違ってきます。)
使い分けは東海地方ではお葬式には正式、法事等他では略式と分けて使われる所もありますが
特に拘る事はないと思います。二重の方が丁寧だと言うことです。

数珠の保管・お手入れ方法について

Q.数珠の保管の仕方は?

A.高級数珠は桐箱入りで販売していますので桐箱に保管されるか、数珠袋に入れて保管して下さい、
尚、珊瑚、真珠、トルコ石等は汗に弱いですから一度乾拭きしてから保管して下さい。
原実の数珠は種類によっては虫に食われやすいものもあるので、防虫剤等と一緒に保管してください。

Q.数珠(念珠)の手入れ方法は?

A.手入れの方法として特に必要はないのですが、赤い高級サンゴ(血赤サンゴ)、ラピス、孔雀石に限っては汗に弱く変色する場合がありますので汗のついた手で使用された後は、乾いた布で軽く拭き取って下さい。
他の商品は桐箱に保管されるか念珠袋に入れて保管して下さい。

Q.数珠はどれくらい長持ちするの?

A.お使いになる頻度などにもよりますが、基本的には一年以上は持ちます。
しかし使わない場合でも糸が伸びてきたり、糸が切れたりする場合がございます。糸が伸びてきたと思った場合は、早めのお修理をお勧めいたします。
当店では修理も行っております。詳しくはこちらからどうぞ!

修理・お直しについて

Q.お直し(修理)が出来ますか?

A.香源数珠専門店は、お客様の数珠、腕輪の修理を承っております。
但し数珠の珠の種類によっては新しい数珠を買って頂いた方がお得な場合もあります。
天然石、菩提樹等のお値打ち商品はお修理して一生大切に使っていただきたいです。
くわしくは【コチラ】をご覧下さい。
玉がひとつ割れてしまったなどの場合も、新しく玉を追加して、修理させていただきます。
房色については色に飽きた、10年使っているけれども灰桜色から紫色の房に変更したいということもあるかと思います。お気軽にお問い合せくださいませ。

Q.数珠の房の色は変えられますか?

A.はい、数珠の房の色は変える出来ます。
すでにお買い上げ頂いた数珠の房を変えたい場合は【コチラ】
オーダーメイドの数珠につきましては事前にメール、お電話などでお知らせ下さい。
限定品の場合、修理代をいただいておりますが、定番の数珠でしたら、房色を金額内で変えて、ご用意させていただきます。

Q.もし数珠が切れたり痛んでしまった時、修理不能な場合はどう処分するべきなのです?

A.お寺、神社で古いお守りなどをお返しする場所がありますのでそちらに納めて下さい。
ご祈祷の上処分されます。むやみに捨てないで下さい。
当店では四天王寺様で毎年10/10に数珠供養を行っております。
ご希望の方は当店まで送っていただくか、名古屋と銀座にある実店舗にお持ちいただければ、無料で供養も承っております。
詳しくはこちらに記載させていただいております。

Q.他社で購入した数珠を修理できませんか?

A.他社でお買いあげ頂いた数珠、ブレスレット修理も行っておりますが、
他店で買われた玉は穴が細すぎるなどの理由で、修理ができない場合もございます。

配送について

Q.到着まで何日かかりますか?

A.在庫があれば、翌営業日の出荷となります(土日祝はお休みを頂いております)。
在庫のない場合は納期などをご連絡させていただきますが、通常は7日ほどお時間を頂いております。
出来るだけ新しい物をお届けするよう心がけております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。